ランリング歴3年。運動して健康になったのか?

私は今年30歳になる会社員です。20代のころは大きな怪我や病気もなかったのですが、健康面での心配は体重が徐々に増えてきたことでした。学生時代はいくら食べても太らない体質だと思っていても、20代半ばから徐々に腰回りにお肉がついてきて、もしかしたら会社の健康診断で悪い数値が出る人がいるのではないでしょうか。

僕の場合は健康診断の結果は正常値でしたが、27歳になった時の体重は20歳のときと比べると+5kでした。このまま太り続けると服は着られなくなるし、中高年になるころにはいろいろな病気のリスクも抱えてしまう。

今から健康的な習慣をつくらなければまずいと危機感を持ち、運動することにしました。
健康のために始めたことはランニングです。最初は週末の土日の1日だけ走ることにしました。いざ走ってみると、学生時代のイメージと今の自分は全く違い、息が切れてしまうどころか、膝が痛くなったりしてしまい走り続けることができません。

最初は会話ができるくらいのスピードで、疲れたら途中休みながら数kmを走りました。走り始める前は面倒に感じることもありましたが、スマートフォンのアプリで走った距離や消費したカロリー、過去のデータが蓄積されていくとやりがいが出てきて、総走行距離を伸ばすために走っていました。

そして、健康的になったと実感が出てきたのは、走り始めて半年くらい経ち、筋肉痛に全くならなくなったころです。仕事が外回りなので、歩き回る日があるのですが、同行していた後輩がくたくたに疲れていても自分はあまり疲れていませんでした。長い時間動き回る体力をつけることができました。

運動が習慣になると、それを無駄にしないために自然と食事へ意識も向いてきました。たとえば、ビールを飲む回数を減らしたり、コンビニで買うお弁当のカロリーをチェックするようになりまいた。1時間ほど走っても消費されるカロリーは500?600カロリーだったので、摂取カロリーの目安がわかってきます。1カロリーあたり7gなので、自分の消費カロリーよりも摂取カロリーを100カロリー減らすことができれば、一ヶ月で2?3kg減らすことができます。私は実際にやってみて、3ヶ月くらいで学生時代の体重まで減らすことができました。

ランニングをして、健康的になるための習慣をつくることが大切だなと思います。短期で痩せたりするには、消費カロリーや、摂取カロリーの計算が必要ですが、長く健康でいるためには細かい計算よりもまずは不健康なことをストップする意識です。

ダイエットをするならオススメサプリメント「ミスココ」を飲みましょう!
普段の生活にミスココを取り入れることでダイエットを効率よく行うことができます!
http://www.xn--cbk9eaw3qm632at6ud.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です